パン、総菜、麺、焼き菓子、デザートなど1日1000種類以上の食品を生産する総合食品メーカー

  • 毎日に株式会社オイシス

採用情報

社員の声先輩社員の声

デリカ事業部 伊丹工場 開発チーム 主任 横井 宏昭 2012年入社 農学部卒

開発職として最適な環境!
幅広いジャンルと任せてくれる社風

やりたいことができる環境に惹かれて。

  • 良い意味で「“やりたい放題”できるのでは!?」と思ったのが、オイシスを選んだ理由です。
    というのも、当社が開発・製造する商品は、一つのカテゴリーだけではなく、パンやスイーツ、惣菜と幅広い内容。さらに説明会では、「若いうちからどんどん仕事を任せていく」という当社のスタンスをお話頂き、伸び伸びと成長できる環境だと感じたからです。
    しかし、もともと私は開発職に憧れていたものの、「何を開発したいのか」ということは定まっていませんでした。そこで、改めて自分の好きなことを考えてみると、思い当たったのが「パン作り」。メロンパンが大好きで、実際に自分でもいろいろな味のメロンパンを「開発」していたんです。こういった経験が食品メーカーでの開発職を志望したきっかけになりました。

その失敗が成長につながる

  • 入社後は製造の現場で経験を積み、約1年後に希望していたパンの開発チームに配属となりました。
    現在は自社ブランドの商品(NB)と、クライアントのプライベートブランド商品(PB)の開発を担当。NBは、基本的に毎月新商品が発売され、開発チーム内での試食や評価、週1回行われる営業部との「商品開発会議」などを繰り返し、一つの商品を作り上げていきます。またPBの商品は、毎月1回、担当営業と同行してクライアントとの打ち合わせも行なっています。
    もちろん初めは何度も失敗しましたし、今でも失敗はします(苦笑)。PBを開発する際は、私のヒアリング不足で、全くニーズと異なるサンプルを作ってしまったこともありましたし、苦労して開発したNB商品の人気がイマイチだったことも…。
    しかし、そういった失敗があるからこそ、さらなる学びがあり、より良い商品開発につながっていくのだと感じています。

”客観的な目”でお客様に想像以上の商品を

  • 自分がゼロから開発する商品にも、開発職ならではの魅力を感じますが、私が現在大きなやりがいを感じるのがPB商品の開発。例えば、「チョコを使ったもの」「抹茶の洋菓子系」など、クライアントの希望のイメージから、その想像以上の商品を作り出し、「これ美味しいね!」と満足して頂いたときは、それまでの苦労も吹き飛ぶくらいに嬉しいですね。そして、「もっと勉強して、もっと良いモノを作ろう!」という、さらなる意欲も湧いてきます。
    PB商品は作り手の満足だけでなく、クライアントに採用してもらわなければ意味がありません。相手の要望をしっかりとヒアリングし、それを開発に反映させられる。そんな“客観的な目”が必要になってきます。難しい点も多いですが、自分の成長にも直結するやりがいと面白味のある仕事ですよ。

就職活動中の皆さんへ 就職活動中の皆さんへ

  • 開発職を目指す皆さん、ぜひオイシスで一緒に働きましょう!

    その理由は、選択肢の多さと工場間の連携。当社には10の工場があり、それぞれでジャンルの違う開発を行なっています。また、工場間での連携が可能ですから、パン部門で作った商品にスーツ部門で生クリームを注入したり、惣菜部門で麺類をプラスしたりと、様々な応用が実現できるのです。開発職にとってはアイデアも広がり、いろいろな部門にチャレンジできる環境が整っていますよ。
    私もこういった環境を活かし、これからもっと勉強を重ね、特に工場での量産化に対応できるよう、現場での知識を増やしていきたいと思っています。そして、皆さんのような後輩たちと共に、「美味しい!」と笑顔がこぼれるような商品を開発していきたいですね。

一日のスケジュール

8:00  出社・準備

PB商品のサンプル作りや、NB商品の開発など、その日の予定をチームメンバーとともに確認し、共有して使う機械や道具の使用段取りも調整します。前日に営業担当から、急なサンプル作成を頼まれることもありますので、その準備も進めます。

9:00  作業開始

試作品の製造開始。生地をこねて寝かせるなどの作業を行います。パンは寝かせる時間が4~6時間かかるため、一日に何回もやり直すことはできません。一回一回、慎重に。

16:00  商品開発会議

週に1回、営業部と合同で行われる「商品開発会議」に参加します。NB商品は毎月新商品が発売され、その3ヶ月前には商品を決定しなければなりません。そうやって苦労して開発した商品には愛着も出てきます。

19:00  最終確認

パンの出来上がりが順調であれば、19時頃には退社します。上手くいかないときは、自分で工夫する他、周囲の知識豊富な先輩方にアドバイスを頂き、クライアントの提示する締切に間に合うよう、そしてより良い商品ができるよう、チームでも協力し合っています。

先輩社員の声TOPに戻る

ページ先頭に戻る

株式会社オイシス
本部 〒664-0027 伊丹市池尻2丁目23番地

Copyright Oisis Corporation. All Rights Reserved.
ENTRY